千葉市中央区 千葉みなと駅の小児科|みなとこどもクリニック

  • ホーム
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス
  • よくある質問
小児科

問診票ダウンロード(初診)

問診票ダウンロード(再診)

小児科

予防接種

乳幼児健診

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

小児科診療

みなとこどもクリニックでは、お子さまの発熱、鼻汁・咳、嘔吐・下痢、アトピー性皮膚炎、喘息などの小児科一般診療をおこなっております。また花粉症や便秘症などの慢性的な症状についてもご相談いただけます。


専門的な治療を必要とする場合は症状に応じた高度専門医療機関へのご紹介をいたします。(←上記の紹介先病院へリンク設定をお願いします)


《紹介先病院一覧はこちら》

子どもによくある症状、疾患

◎ 発熱

子どもは小学校に入るくらいまでは、熱を出すことが多いです。特に幼稚園や保育園といった集団生活を始めた直後や、入園最初の1年間は頻繁に熱を出すお子さんが多いと思います。


まず熱が出たときは、お子さんが「楽(らく)」なようにしてあげてください。熱の上がりぎわなどにお子さんが震えているときは、お布団などで温めてあげるのも良いでしょう。逆に熱で赤い顔をしてつらそうなときは、涼しくしてあげるのが本人にとっては「楽」であると思います。お布団をはがして、薄着にしてあげるとよいでしょう。頭、首、わきの下などの局所を冷やしてあげるのも一つの対応法です。


熱が出た時はなによりも、お子さまがゆっくり休めるような工夫することが一番です。


◎ 風邪

子どものかかる病気で最も多いものが「風邪」と思われます。咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱といった症状があらわれ、その原因のほとんどはウイルスです。


多くのウイルスに対して直接ウイルスを退治する薬は存在しませんが、ほとんどの場合、本人の免疫力でウイルスを排除することができます。では、風邪の際に処方されるお薬はなにかというと、その症状をやわらげるためのものと言えます。痰が詰まることを予防したり、お子さんによってはゼイゼイすることを防いだりすることもできると考えております。


風邪と診断されていても、後に中耳炎や肺炎に進行する場合もあります。その際には、抗生物質などによる治療が必要となることもあります。熱を含めた症状の経過をしっかり観察していただき、その都度診察の上、診断治療していきたいと思います。

クリニック概要

千葉市中央区の小児科

みなとこどもクリニック

〒260-0024 千葉市中央区中央港1-22-7 日企千葉みなとビルディング1F(101)

TEL:043-441-7110 FAX: 043-441-7126

JR京葉線、千葉都市モノレール「千葉みなと」駅徒歩1分

診療時間 日・祝
AM 9:00 ~ AM 12:00
PM 2:00 ~ PM 3:00
PM 3:00 ~ PM 6:00

窓口受付終了時間は、診療時間終了の30分前になります。

PM 2:00~PM 3:00は乳幼児健診、予防接種(月火木金)予約制

休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

みなとこどもクリニック駐車場案内



PAGE TOP